研究機関や医療機関で大活躍|microscopeの利用法を大公開

顕微鏡
作業員

顕微鏡を目的に応じて選ぶ

microscopeとは、光学顕微鏡の英訳ですが、日本では、少し意味する装置が異なります。光学顕微鏡は、薄くて透明なサンプルを高倍率で観察することが多いのですが、microscopeは、厚みのある不透明なサンプルでも観察することができます。

科学技術の進歩の結晶です

顕微鏡

便利な世の中になりました

近年におけるテクノロジーの進歩はめざましくなっています。代表的なのがパソコンで、パソコンの性能は日進月歩で向上しています。そんな中で、パソコンと同様にここ数年大きな進化を遂げたアイテムがあります。それがmicroscopeです。microscopeはどんな微細な物体でも大きく鮮明に見ることができる顕微鏡で、現在、多くの研究機関や医療機関で活躍しています。microscopeはレンズや光変調を多様することにより、物体を大きくかつ見やすく見せるといった仕組みになっています。このためどんな小さな物でも見やすく見ることができるのです。機能としては見やすい大きさで見ることができる、見たい部分が繊細に見える、見たいものや見つけたいものがコントラストや色彩ではっきりと見えるといった点が挙げられます。用途としては、まず生体組織や細胞を観察するために用いられます。ここでは透過光によって標本を観察します。また金属の研磨面の検鏡としても用いられることがあります。さらに物体を立体的に観察するためにも利用されます。生物や植物、外観検査などによく使われています。このほか、物体の測定を行うために使われることもあります。テレセントリック光学を採用することで物体の正確な測定が可能となります。いずれの用途においても物体に接触することなく観察ができますので、物体を傷つけることもありません。より正確な情報を得ることができますし、大切な標本を傷つける心配が無く安心です。

顕微鏡

顕微鏡の価格を比べる

microscopeの価格は、数万円から数千万円まで、大幅に異なります。高倍率の観察や蛍光観察を行う場合は、高価格になります。マイクロスコープという名称で販売されているものも同様で、デジタルデータをモニターに写し、高倍率での解析が可能なmicroscopeは高価格になります。

レディ

顕微鏡の調整を行う

microscopeでサンプルを最適な条件で観察するには、最適な調整とメンテナンスが必要です。接眼レンズの調節や掃除、光軸調整を必要に応じて行わないと、観察の条件が悪くなります。対物レンズの倍率や光量、絞りなども観察に影響します。